セミナー

自動翻訳シンポジウム 〜自動翻訳と翻訳バンク〜

2018年3月12日(月)

概要

総務省とNICTは、世界の「言葉の壁」をなくすことを目指すグローバルコミュニケーション計画を推進しており、その一環としてNICTは音声翻訳とテキスト翻訳の研究・開発・社会実装を進めています。これまでNICTにおいても翻訳の高精度化に必要な翻訳データの集積に取り組むとともに、2017年6月からニューラル機械翻訳技術の導入等を進めておりますが、翻訳技術を活用する分野によっては翻訳データが足りないことが課題となっています。
このような問題意識の下、総務省とNICTは、様々な分野における翻訳データの集積に向けて、NICTが様々な分野の翻訳データを集積して活用する「翻訳バンク」の運用を開始しています。 こうした背景を踏まえて、最近の自動翻訳技術の動向や、研究、開発、社会実装、翻訳データの整備等に関して有識者にご登壇いただき、我が国の今後の戦略を多角的に議論するため、「自動翻訳シンポジウム~自動翻訳と翻訳バンク~」を開催します。

プログラム

時間
次第
15:00 - 15:15
主催者挨拶
総務省
15:15 - 15:45
基調講演
須藤 修(東京大学大学院教授)
15:45 - 15:55
翻訳バンクの概要説明
隅田 英一郎(情報通信研究機構・先進的音声翻訳研究開発推進センター副研究開発推進センター長
兼同センター先進的翻訳技術研究室室長兼ソーシャルイノベーションユニット知能科学融合研究開発 推進センター研究統括)
15:55 - 16:55
パネル 「AIとデータ」 パネル司会 内山 将夫(情報通信研究機構・先進的音声翻訳研究開発推進センター先進的翻訳技術研究室 研究マネージャー
兼ソーシャルイノベーションユニット知能科学融合研究開発推進センター連携研究室主任研究員)
パネル1 柿沼 太一(STORIA法律事務所・弁護士)
パネル2 森口 功造(株式会社川村インターナショナル・常務取締役)
パネル3 目黒 光司(特許庁特許情報室・室長補佐)
16:55 - 17:00
閉会挨拶
徳田 英幸(情報通信研究機構 理事長)

開催日時

2018年3月12日(月) 15:00 - 17:00(受付開始 14:00)

開催会場・アクセス(URL)

TKP御茶ノ水カンファレンスセンター
東京都千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビルディング

アクセス

お問い合わせ先

自動翻訳シンポジウム事務局
〒104-0045
東京都中央区築地3-7-10 JS築地ビル5F
株式会社アルファネット 内
TEL:03-6228-4071
E-MAIL: h-bank_atmark_alfanet.co.jp
(スパムメール防止のため「@」を「_atmark_」に換えて表記しています)

セミナー参加お申し込み